地域の皆様へ

<新型コロナウィルス感染症について>

新型コロナウイルス感染症(名称:COVID-19)の感染拡大が危惧される中、日々、様々な情報を耳にされていると思いますが、医療機関を受診する際の注意点をお知らせいたします。

現在、何らかの理由で通院している方は、自己判断で通院(お薬)を中断しないでください。
現在治療中の病態が保てなくなることで、病態そのものが悪化し、さらに体調が不安定になることで感染のリスクが高くなり危険が増します。処方箋の受け取り方はかかりつけ医と相談できますのでお問い合わせください。
② 感染症と思われる「体調不良」がみられる時、特に肺炎など呼吸器症状がある時には、慌てて受診せず、下記の注意事項をご参照の上お問い合わせください。

不安な毎日を送られていると思いますが、協力してこの窮状を乗り切りましょう。

 

令和2年4月 小田原医師会



 

<注意事項>

 

発熱、咳・倦怠感で受診された方へ
・症状が見られる間は、無理せずに自宅で休養してください。
・不要不急の外出は控えてください。
・公共交通機関の利用も避けてください。(自家用車での移動をお願いします)
・どうしても必要な緊急の外出の際は、必ずマスクをしてください。
・処方された薬を飲んでも症状が続く場合は、処方された医療機関、またはかかりつけ医へ電話で相談してください。
(受診時間・受診方法等の指示があると思いますので、直接受診することはやめてください)

少なくとも以下のいずれかに該当した場合は「帰国者・接触者相談センター」(045-285-1015:24時間対応)にすぐに連絡をしてください。   
(令和2年5月11日現在)
①息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
重症化しやすい方(※)で発熱や咳などの比較的軽い風邪症状がある場合
(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
③①②以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪症状が続く場合
(症状が4日以上続く場合は必ず相談してください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)
④妊婦の方は、念のため重症化しやすい方と同様、早めにご相談ください。

上記①~④に該当しない方の新型コロナウィルス感染症に関するお問い合わせは新型コロナウィルス感染症コールセンターまで。
微熱・軽い咳など健康・医療に関すること・・・045-285-0536(平日9時~21時)
その他の件のお問合せ先等は神奈川県のホームページをご参照ください。











 

ページトップ