小田原医師会 会長の挨拶

小田原医師会は昭和20年代に発足し、現在、小田原市・箱根町・真鶴町・湯河原町の病院・医院で活躍する約320人余の医師で構成されています。医療と介護の専門家として地域の皆様に貢献できるさまざまな取り組みを行っています。当医師会独自の新たな取り組みもありますのでご紹介いたします。
 

「急患診療所」は年中無休。二次輪番病院群との連携によって夜間休日診療を実施しています。「地域医療連携室」は「地域包括ケアシステム」の拠点として医療と介護の連携を担い、安心して暮らすことのできる地域づくりを推進。住民の皆様にも直接電話にて医療機関案内や医療・介護の相談も出来るようになっています。「おだわら看護専門学校」は行政の協力のもと、地域で活躍する看護師を養成しています。「成人・がん対策」「特定健診」は行政と二人三脚の事業。高血圧・脳卒中対策を推進中です。小田原医師会として、2020年東京オリンピック・パラリンピックにむけて「受動喫煙をしない・させない」社会環境の整備を啓蒙します。「ストレスチェック事業」は安心して働ける環境づくりに役立ちたいと全国の医師会に先駆けて運営しています。「災害対策」は喫緊の問題。行政と協調を図って体制を構築していきます。「地域医療構想調整会議」は県西地域2市8町における医療体制構築のために注力しています。
 

地域住民にとって大切な、高齢の方々のための介護の問題、働く世代の医療・健康管理、そして小児医療のニーズに対応すべく日々活動しています。これらの医師会活動を住民の皆様に理解し活用していただくために、各種の広報誌においても医師会からの情報発信をしています。ご意見・ご要望がありましたらお教えいただきたいと願います。
 

人と人との「和」を大切にし、組織の「輪」を広げて地域の活力を高めてゆけるよう運営してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

小田原医師会
会長 渡邊 清治

ページトップ